現在のサイト位置:京都文化祭典>京の華舞台>古都五宴・伝統芸能への誘い>弐の宴

トピックス
オープニングイベント
京の華舞台
京の華舞台とは
古都五宴・伝統芸能への誘い
平安神宮幻夜コンサート
COUNTRY DREAM
フォークコンサート 京の旅人
新しいまちのステージ
京都の秋 音楽祭
日本の文化・世界の文化
市施設との連携事業
京都文化祭典協賛事業

古都五宴・伝統芸能への誘い
【弐の宴】 “響きの清流”

歴史に磨かれた美しき旋律を奏でる。
永観堂御影堂写真

西洋の伝統楽器チェロの奏者としてミュージックシーンに独自のスタンスを確立している溝口肇。京都の名刹・永観堂をステージにホスピタリティあふれる美しいサウンドが響きわたります。心に潤いをあたえる癒しのひとときをお楽しみください。

溝口肇写真 溝口 肇 プロフィール
3歳からピアノを、11才からチェロを始め,東京芸術大学に入学。22歳、自動車事故によるムチウチ症の苦しみから解放されるため「眠るための音楽」を作曲し始める。音楽を「心の覚醒」と位置づけ、ホスピタリティあふれるサウンドで多くの人々を魅了している。
メッセージ: ここにメッセージを自由に入れることができます。ぜひコメントを入れてください。

溝口肇写真 浄土宗西山禅林寺派法事部 プロフィール
浄土宗西山禅林寺派を挙げての「御忌会」(宗祖法然上人の忌日法要),「西山上人降誕会」(派祖西山上人の誕生祝聖法要)など大法要全体の勤行・声明・作法を司る。伝統の厳かさを保ちつつ,分かりやすい法要を目指し研鑽を積んでいる。
メッセージ: ここにメッセージを自由に入れることができます。ぜひコメントを入れてください。

【弐の宴】
日 程: 10月2日(日)18:30開演
会 場: 永観堂御影堂
出 演: 溝口肇 浄土宗西山禅林寺派法事部
[公演終了]

<<壱の宴 古都五宴 参の宴>>